真性包茎と性病のリスク

真性包茎の男性につきまとう性病のリスク。もし感染してしまったら

真性包茎と性病

 

 

セックスにまつわるトラブルとして、代表的なものに『性病』があります。

 

痛みや痒み、または臭いなど、その症状はさまざまですが、どのような病状であっても決してかかりたくはないですよね。

 

 

 

経験したことがない人からしてみたら「俺には関係ないこと」と思っているかもしれません。

 

しかし性病は他人事ではなく、とても身近な問題なんですよ。

 

 

 

男同士でセックスの話をしてみると、一人ぐらいは過去に性病にかかっていたりします。

 

たまたま今まで感染していないだけで、あなたも今後、かかってしまうことは十分に考えられるわけです。

 

 

 

特に真性包茎の男性は性病にかかりやすいと言われていますからね。

 

感染してからでは遅いので、今からしっかりと予防と対策をしておいた方がいいんです。

 

 

真性包茎の男性が性病にかかりやすい理由

 

真性包茎と性病

 

 

誰にでも感染する可能性がある性病ですが、その中でも真性包茎の男性は感染する率が高いと言われています。

 

その主な理由は次の3つです。

 

 

不衛生で雑菌の温床になりやすい

 

性病にかからないようにするためには、とにかくその原因となるを繁殖させないことです。

 

 

 

風邪などもそうですが、菌が体の中に侵入したからといってすぐに発病するわけではありません。

 

体の中で繁殖して体調に影響を与えるほど数が増えることではじめて症状が現れるわけです。

 

 

 

では菌を繁殖させないためにはどうすればいいか?

 

 

 

一番良いのはコンドームを使って菌の侵入を完全にシャットアウトすることですね。

 

最初の一匹が入って来なければ、増えることはありません。

 

 

 

ただ気をつけていても侵入を許してしまうことだってあります。

 

そのときに大切なのが衛生面なんです。

 

 

 

菌も人間の体の生きていくには、エネルギーの元となるエサが必要となります。

 

性器を常にキレイにしておけば、病原菌のエサとなる汚れや恥垢がたまることがありません。

 

清潔にすることによって菌が生きていけなくなるわけです。

 

 

 

ここで問題となるのが真性包茎の衛生面です。

 

 

 

真性包茎は皮を剥くことができないので、亀頭まわりをしっかりと洗うことができません。

 

汚れや恥垢がたまりやすく、まさに菌にとって住みやすい場所となってしまうんです。

 

 

 

結果、雑菌の温床となり、繁殖して性病を発病してしまうというわけです。

 

 

性病にかかりやすいライフスタイルを送っている

 

性病にかかりたくなければ、あまり性に対して貪欲にならないことです。

 

セックスの機会を減らせば、その分、リスクは減るわけですからね。

 

 

 

とはいえ「性病にかかりたくなければセックスをするな」というのも非現実的な話です。

 

性欲はどうしてもたまるので、どこかで発散させないといけません。

 

 

 

しかし問題はその発散のさせ方です。

 

 

 

通常、性欲の発散と言えば、主な方法はパートナーとのセックスになるかと思います。

 

彼女、もしくは奥さんとの性行為ですね。

 

 

 

でも真性包茎の男性の場合は、そのパートナーがいないことが多いです。

 

性器に対するコンプレックスから、女性に消極的になってしまって彼女ができないんです。

 

 

 

そのため、性欲を発散させるために風俗へ通ったり、出会い系サイトで割り切り女を探したりするわけですね。

 

結果、性病リスクが高い相手とセックスすることになるんです、。

 

 

代表的な性病の種類とその症状

 

真性包茎と性病

 

 

性病に感染してしまったとして、治すにしても早期発見が大事です。

 

性行為によって感染する代表的な性病の症状を紹介しますので、心当たりがあれば、一度、性病を疑ってみましょう。

 

 

性器クラミジア感染症

 

挿入行為やフェラチオを通じて感染する日本で最も多い性感染症(STD)と言われています。

 

尿道から膿が出たり、排尿のときに痛みを感じたりします。

 

症状が出ないことも多く、知らない間に感染しているケースもあります。

 

 

淋病

 

淋菌への感染により発症する性感染症の(STD)一つ。

 

1回の性交による感染は30%にもおよび、非常に高い感染率で、クラミジアと並んでよく見られる性病です。

 

発病すると尿道に炎症をおこして、膿が出ると同時に強い痛みを生じます。

 

クラミジアと同時感染しているケースが多く、淋病の症状が見られた場合はクラミジアの検査も必須となります。

 

 

性器ヘルペス

 

性器ヘルペスは『ヘルペスウイルス』に感染することによって引き起こされる病気です。

 

症状としては、性器に赤いブツブツや水ぶくれができて、ピリピリとした痛みをともないます。

 

真性包茎の場合、感染して性器に症状が現れていても、亀頭が皮で覆われているのでそれに気付いていないというケースがまれにあります。

 

 

尖圭コンジローマ

 

ヒトパピローマウイルス(HPV)に感染することで発症する病気です。

 

性器にイボ状の突起物をつくり、次第に大きく、そして数も増えていきます。

 

痛みや痒みなどの症状はありませんが、イボを取り除いても再発することもあって、完治までに時間がかかることがあります。

 

 

毛じらみ症

 

ケジラミという吸血昆虫に寄生されることにより起こります。

 

陰毛の根元にしがみつき、皮膚から血を吸われて感染すると激しい痒みに襲われます。

 

他の性病とは違って菌やウイルスからの感染ではないので、コンドームを付けていても防ぐことができません。

 

 

【関連記事】
コンドームは万全じゃない!つけても性病をうつされることがある

 

 

「もしや?」と思ったらすぐ対策。性病は早期発見が大事です

 

性病は放置しておくと症状がひどくなるだけです。

 

中には自然治癒するケースもありますが、大抵場合は悪化するだけなので「性病かな?」と思ったら素直に泌尿器科へ急ぎましょう。

 

 

疑わしい場合は自分で調べることができる検査キットも販売しています。

 

 

 

とにかく早めに行動することが、被害を最小限に抑えることにつながります。

 

 

【関連記事】
真性包茎は性病になりやすい!風俗へ行ったときに気を付けるポイント


関連ページ

真性包茎の男性がセックスする前に知っておくべき3つの事
真性包茎の大きな悩みの一つ。それは普通に女性とセックスできるのかどうかですよね。ちゃんと挿入できるのか?痛みはないのか?性行為する前に知ってほしい3つのポイントをご紹介します。
皮がムケた直後の亀頭は過敏になる!痛みを取るには慣れが必要
真性包茎の改善は、皮が剥けるようになったら終わりではありません。次は過敏になっている亀頭を、外部の刺激に慣れさせる必要があります。亀頭の痛みに慣れるコツをご紹介します。
真性包茎だと彼女ができない?包茎に対する女性の本音
「真性包茎の男性には彼女なんて、できっこない」そう思っていませんか?確かに女性からの印象はよくありませんが、だからといって彼女ができない原因にはなりません。その理由をご説明します。
真性包茎の臭いをどうにかしたい!悪臭の原因とその対策
真性包茎が嫌われる理由の一つとして“臭い”が上げられます。その強烈な臭いに耐えられず、別れてしまうカップルだっているぐらいです。悪臭の発生を防ぐために日頃からのお手入れが大切なんです。
真性包茎がデリヘルを呼ぶときに注意するべき4つの注意点
真性包茎は女の子に良い印象を持たれていません。デリヘル嬢を呼ぶにも、ちゃんとサービスを受けられるのかが心配になりますよね。デリヘル嬢を部屋に呼ぶのに失敗しないための4つのポイントをご紹介します。
「真性包茎はセックスしても気持ちよくない」という噂の真相
真性包茎はセックスしても気持ちよくないなんて噂をネットなどで見たりしますよね。今からセックスを経験しようとする人にとっては聞き捨てならない話です。はたして「真性包茎は気持ちよくない」は本当でしょうか
包茎の方が気持ちいい!女は皮があった方が喜ぶらしいぞ!
自分のペニスにコンプレックスを抱いている包茎の方へ朗報です。なんとセックスのとき、ムケチンよりも包茎の方が女性の快感がアップして気持ちいいというのです。この噂が本当なのか調べてみました。
真性包茎でも風俗嬢から生フェラしてもらう方法
真性包茎の男性はフェラをしてもらうときもコンドームを付けさせられることが多いです。でもたまには「生でしてもらいたい」なんて思ったりしますよね。真性包茎でも生フェラしてもらえる方法をご紹介します。
後悔してからじゃ遅い!真性包茎は童貞を卒業する前に治すべきです
いつか真性包茎を治そうと思っているあなた。“いつか”では遅いです。真性包茎は童貞を卒業する前に治すべきなんです。じゃないと後悔することになりますよ。童貞卒業について私の見解を述べさせてもらいます。
真性包茎の男性は遅漏に注意!「挿入は長い方が良い」は勘違いです
「女性は長い挿入時間が好き」そんなことを思っていませんか?実は女性は遅漏のことを嫌っています。そして真性包茎の男性は遅漏になりやすいと言われているんです。
セックスに必要なチンコのサイズは思っている以上に小さい
自分のちんこが小さい!そんなことで悩んでいませんか?もしかしたらそれってあなたの被害妄想かもしれませんよ。少し小さいぐらいでもセックスは問題なくできます。セックスに必要なチンコのサイズをお教えします。
真性包茎で童貞を捨てたいなら風俗へ行った方がいい理由
真性包茎がコンプレックスになっている人は女性に積極的になれず童貞をこじらせてしまうことが少なくありません。そんな人のためにおススメの真性包茎が童貞を卒業する方法をご紹介します。
女性が好きなちんこのタイプが知りたい!女が求めるその特徴とは
ちんこにはいろんなタイプがありますが、女性が好きなちんこはどのようなタイプなのでしょうか?ネットでのアンケートを調べてみたところ、意外な事実が判明しました。
真性包茎は挿入に注意が必要です!気をつけて欲しいたった1つの事
真性包茎でもセックスはできます。しかし何の問題もないというわけではありません。真性包茎の男性は皮がムケないために挿入にも注意が必要なんです。挿入時に気を付けてもらいたいポイントをご紹介します。
真性包茎を治すと早漏になる。持続力を改善させる2つの方法
真性包茎を治したら早漏になってしまうことがあります。皮がムケることで今まで亀頭を守っていたものがなくなってしまうからです。しかし早漏は自然と治るものなので焦る必要はありません。
短小で女をイカせるなら体位が重要!ブリッジ正常位のススメ
「俺は短小だから女性を満足させられない」なんて思っていませんか?ペニスが短くても体位によっては十分、女性を感じさせることはできるんです。短小の方なら知っておくべき体位をご紹介します。
真性包茎はTENGAが使えない?オナホを使うときに気をつけて欲しいこと
オナニーの快感を十二分に楽しむための「オナホール」。しかし真性包茎の方がオナホを使うときには注意が必要です。もしかしたら取り返しのつかないことになってしまうかもしれませんよ。
真性包茎が童貞を卒業するときに守るべき一つの事
真性包茎の男性が童貞を卒業するときは注意が必要です。印象の悪さから女性に受け入れてもらえないケースがあるからです。真性包茎が童貞を卒業するときに注意するべきたった一つの事をご紹介します。
彼氏の真性包茎に悩んでいる女性は多い
真性包茎は男性だけの問題だと思っていませんか?実は彼氏や旦那の真性包茎に悩む女性は多いんです。パートナーとの性生活に悩む女性の本音をご紹介します。
15センチ以下は短小?女性が望むペニスの理想のサイズとは
女性がどれぐらいの大きさのペニスを望んでいるのが気になりませんか?男が女性に対して理想があるように、女性も男のペニス対して理想のサイズというものがあるんです。
見栄剥きは実在します。銭湯での見栄剥き率を調べてみた
銭湯や温泉で他人の下半身に目をやるとムケチンの割合が多いことに気づくと思います。成人男性の7割が包茎だと言われているのにこれだけ多いのはなぜ?と思いますよね。その理由は見栄剥きにあるんです。
女性から真性包茎が嫌われる理由は「汚いから」男が驚く女の本音
真性包茎が女性に嫌われる理由は「汚い」ことと「感染症のリスク」があるからです。しかし女性からの嫌悪感に自覚がない男性も少なくありません。真性包茎に対する男と女の認識の違いについてご説明します。
日本人男性の真性包茎の割合を知っていますか?
日本人の成人男性の7割は包茎だと言われています。世間的にはネックだと思われていますが、実は包茎の方が一般的なペニスの形状なんです。しかしこれが真性包茎の割合となると数字は極端に下がります。
30歳過ぎたらもう手遅れ?真性包茎と年齢との関係
性器の悩みに年齢なんて関係ありません。実際、50過ぎになっても真性包茎の治療を希望している男性もいます。真性包茎はいくつまでに治すべきなのか?その年齢との関係をご紹介いします。
童貞卒業には処女が良い?真性包茎が初セックスに選ぶべき相手とは
童貞を卒業する相手を選ぶなら処女と非処女、どちらがいいと思いますか?真性包茎の場合は初セックスの相手を選ぶにも注意が必要です。それぞれのメリットとデメリットをご紹介します。
真性包茎のデメリット!あなたは知らないうちに損している
真性包茎には多くのデメリットがあります。銭湯に行けない。感染症の恐れがある。などなど。しかしそんなことはどうでもいいです。真性包茎の一番のデメリットは女。あなたも知らないうちに損しているかもしれませんよ。
真性包茎はなぜ起こるのか?その原因と対策
真性包茎の原因はなんでしょう?それが分れば対策を講じることによって改善させることができます。多くの男性を悩ませる真性包茎の原因についてお話しします。
真性包茎を銭湯や温泉で隠し通す4つの方法
銭湯や温泉は真性包茎の人間にとっては罰ゲームです。できれば行きたくないですが社員旅行の様に強制参加させられるものもあります。銭湯や温泉で真性包茎を隠し通す方法をご紹介します。
包茎手術はぼったくり?元社員が語る業界の裏側
包茎手術には「高額請求をするぼったくり悪徳業者が存在する」なんてウワサを耳にしたりしますよね。手術は信頼できるところで受けたいものです。果たして本当なのか元社員の方に業界の裏側を聞いてみました。
包茎手術は病院とクリニックどっちがいい?それぞれの特徴を紹介
包茎手術を受けるなら泌尿器科の病院と美容形成クリニックのどちかになりますが、それぞれにメリット、デメリットがあります。それぞれの違いについてご説明します。
短小とは何センチ以下のペニスことを言うのか?
ペニスの大きさは男性にとって永遠のテーマです。ましてや自分のことを短小だとは思いたくないでしょう。はたして短小とは何センチ以下のペニスのことを指すのでしょうか?
女性は短小男性とのセックスをどう思ってる?隠されたその本音とは
包茎、短小、早漏というように小さいペニスは粗チンの代表格の一つとしてあげられます。そこで気になるのが女性からの印象です。はたして女性は短小のことをどう思っているのか?セックスはできるのか?
真性包茎でも妊娠はできるの?子作りへの影響は?
真性包茎の方が抱えている心配事の一つとして“ちゃんと妊娠できるのか?”ということがあると思います。亀頭が皮に覆われていても子作りできるのか?その疑問にお答えします。
真性包茎は遺伝する?悩みの原因は親にあるのか
「俺が真性包茎なのは親が原因じゃないか?」そんなふうに思ったことはないですか?真性包茎は遺伝するのか?親との因果関係はあるのか?その原因をお話しします。
包茎手術の跡は残る?手術体験者から傷跡がバレるのか聞いてみた
包茎手術に踏み切れない理由の一つとして「傷跡が残る」というのがあるかと思います。跡が残れば包茎手術を受けたことがバレるわけですからね。手術跡についての体験談を調べてみました。
真性包茎はコンドーム選びにも注意が必要
セックスをするときにコンドームを付けると思いますが、真性包茎の男性はコンドームの付け方・選び方にも注意が必要です。真性包茎とコンドームについてお話しします。
真性包茎の洗い方。チンコが不潔だとセックスできない
性器を清潔にしておくことは大事です。汚れや臭いがキツイと女性にも嫌われますからね。特に真性包茎は衛生的に保つのが難しいため洗い方にも注意が必要なんです。
日本人のペニスの平均サイズはねつ造されている
日本人のペニスの平均サイズを調べたことがない人はいないと思います。他人と比べて自分がどれぐらいの大きさなのかどうしても気になってしまいますよね。今回はそんなペニスの平均サイズについてのお話です。
亀頭の締め付けを感じたら要注意!無理に剥くのはやめましょう
包茎の症状は真性包茎、仮性包茎、カントン包茎だけにおさまりません。平常時は剥けても勃起時は亀頭の締め付けを感じて剥けないという包皮輪狭窄というのもあるんです。
『包茎は治したほうがいい』はステマ!美容形成業界に騙されるな
日本では包茎に対してのイメージはよくありません。しかし仮性包茎なら日常生活でも性行為にしても支障がないと言われています。なのになぜ「包茎は治した方が良い」という印象が浸透しているのでしょうか?
真性包茎でもオナニーして大丈夫。ただやり方にはコツが必要
真性包茎は皮が剥けないため「オナニーしても大丈夫なの?」と不安を持っている男性も多いかと思います。真性包茎の方がオナニーをするときのコツと注意点をご紹介します。
白人には包茎がいない?諸外国の包茎事情
日本では男性の7割の包茎だと言われていますが、その印象もあまりよくありません。外国の包茎事情はどうなっているのでしょうか?割合は?イメージは?そのあたりを調べてみました。
元真性包茎で、現在、仮性包茎の私が二つの違いについて教える
自分のペニスを見て「もしかして真性包茎?」「これって仮性だよな」なんて、その症状に不安を抱いている男性は多いと思います。真性と仮性の違いについてお話しします。
真性包茎はカミングアウトすべき?内緒でセックスした男の結末
真性包茎は男性にとって大きな悩みの中の一つです。彼女、または奥さんがいた場合、隠し通そうとしても、いずれはバレてしまうことです。真性包茎はカミングアウトすべきなのか?告白の仕方についてお話します。
まだ間に合う!クリスマスまでに真性包茎を治して彼女を作る方法
彼女もできないし、童貞を卒業することもできない。クリスマスはそんな悩みを解消するチャンスです。一年の中で、もっとも彼女ができやすい時期が、このクリスマスなんです。
ペニスを大きくする方法は本当にある?世の中にある増大法を紹介
ペニスを大きくしたいというのは、世の中のすべての男性の願いだと思います。短小だったり、サイズに自信がない方なんかは尚更です。ペニスを大きくする方法は本当にあるのか?世の中にある増大法を紹介します。